弱い力

弱い力とは、何か?

それを理解するための背景から、

まず、人間でも石でも何でも、世の中のすべての物は、原子が集まってできている。
で、その原子は、
中心に「原子核」、
周辺に「電子」、
という構成になっている。



中心にある原子核の中は、
+の電荷を持つ陽子」と、陽子と同数個の「電荷0の中性子」で構成されている。
つまり、原子核の中は、
陽子が2個あったら、中性子も2個
陽子が4個あったら、中性子も4個
という構成だ。



さて。

この原子が、電気的に安定(電荷0の中性)となるためには、「+の電荷」と「−の電荷」が同じ数だけ必要になる。


たとえば、「+電荷を持つ陽子が2個」あったら、その周辺には「−電荷を持つ電子が2個」あればいい。



これはわかる。
陽子(+電荷)2個 と 電子(−電荷)2個」なのだから、

2 − 2 = 電荷0 (電気的に安定)

という単純な計算だ。

ようは、男が4人いたら、女は4人必要ということ。
合コンと同じだ。
もし、数が合わなかったら、とっても不安定な状態になる!
合コンと同じだ!
だから、人数合わせとけって、言っただろがぁ!


さて。

+電荷と−電荷の数が合えば、電気的に中性になって安定する
それはわかった。
でも、ちょっと待って欲しい。何かおかしくはないか。
原子全体でみたら、なるほど、それで釣り合いがとれているかもしれない。
でも、原子核だけでみたら話は全然違う。

だって、原子核には、
「+の電荷を持つ陽子」と、「電荷0の中性子」しかないのだ。
当然「+の電荷」同士は反発しあう。
だったら、原子核の中の、陽子同士は反発しあって、陽子が原子核から飛び出してしまうはずだ。



それなのに、現実には、陽子は、原子核という狭いところに集まっている。
これは、たとえるなら、
汗くさい男(陽子)たちが、女の子(電子)もいない狭いところに、敷き詰めあっている
という状態だ。

それはとっても不自然だ。
これはおかしい。何か理由があるに違いない。
というわけで、物理学者たちは、
この陽子(男)どもを結び付けている『力』とは一体なんだ!?
と考えて、この問題に取り組んだのである。

祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!
『てつがくフレンズ』第52話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』