4つの力

ところで「力」とは、いったい何種類あるのだろう?

物理学では、「力」は

1)重力  (重力相互作用)
2)電磁気力(電磁相互作用)
3)弱い力 (弱い相互作用)
4)強い力 (強い相互作用)


の4つに分けられる。


そう。実はたったの4つしかない。
世の中の現象は、すべてはこの4つの種類の力によって起きている。

もしかしたら、「え〜、じゃあ、圧力は?浮力は?パンチ力は?」と聞きたいかもしれない。日常的な感覚では、「力」は、もっとたくさん種類がありそうなものだ。

なぜ、「力は、4種類しかない!」と断言できるのか?
それは、ようするに、こういうことだ。

↓人体も、機械も、石も、すべての物質は、素粒子で出来ている。



だから、物質にかかるすべての「力」は、究極的には「その物質を構成している素粒子に働く力」に還元することができる。
↓そして、素粒子に働く力は、「4種類の力」しかない。



ゆえに、「この世界には4つの力しか存在しない」と言い切れるのだ。

というわけで、世の中には、「○○力」というのが、たくさんあるようで、実は、この「4つの力」のどれかで起きている。

素人からすれば、
へぇ〜、この世界って色々あるようにみえて、たった4つしかないんだ
と思うだろうが、物理学者の感覚からすると、まるで別。

4つもあるのかよっ!

物理学者たちは、この「4つの力」による物理現象の説明に、満足していない。だって、「4つの力」があるということは、「4つの異なる理論」があるという意味だからだ。できれば、この「4つの力」を「ひとつの理論」で統一したい。

それをするためには、「4つの力」の根源となる「たったひとつの力」を見つける必要がある。

もし、それを見つけ出すことができたなら……、その「ひとつの力」の理論で、すべての物理現象を説明することができる。

Theory of Everything.
すべてを説明する統一理論。
究極の理論。


これが、物理学の最大の夢である。
だから、今この瞬間も物理学者さんは、必死に、力の統一の完成にむけてがんばってらっしゃる。

(補足)
今のところ、
電磁気力と弱い力を統一した 「電弱統一理論」というのができている。
そして、それに強い力を含めた「大統一理論」が確立されつつある。

重力を統一する理論が一番難しいのだが、候補として、「超ひも理論」や「M理論」などがある。
これらの理論は、すべて、
4つの力を統一する理論を作りたい!
という流れから生みだされたものであり、みな「究極理論の候補のひとつ」である。

祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!
『てつがくフレンズ』第51話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』