思考実験(4)

「ただいま〜!」

のび太は、元気良く、どこでもドアから出てきた。

「あ〜、のび太くん、おかえり〜」

ドラえもんは、部屋の中で、漫画の本を読みながら、寝転んでいた。

(そういえば、こいつは、いったいなんのためにいるんだろう?ていうか、どこでもドアだけあれば、こいつはいらないんじゃ……)

そんな疑問を感じながら、のび太は かばんを下ろした。

「で、のび太くん、どこでもドアはどうだった?」

「うん、大丈夫だった。ドアをくぐり抜けたら、もう目の前が学校でさ、ぜんぜん問題なかったよ♪」

「そうなんだ、それは良かったね」

「でもね、ひとつだけ気になることがあるんだ」

「ん、なーに?」

「あの……もしも、もしもだよ。どこでもドアに入った僕が、分子破壊光線ですぐに消滅しないで、体がドロドロに溶けるような毒ガスで、阿鼻叫喚、筆舌に尽くしがたい生き地獄を味わうとしたら……」

ぶふっ〜〜〜!!

ドラえもんは、飲んでいたお茶を噴き出した。

な、なにを言い出すんだい!のび太クン!

「あ、いや、例えばの話だよ、毒ガスは、適当に言っただけ」

な、なんだ、そうなんだ。まったくそんなことあるわけないじゃないか!ア、アハハハハハハハ!!

「まぁそうなんだけどさ、たとえばの話」

「(これだから、この馬鹿は、ときどき油断できないんだ……)へぇ〜、それで?」

ドラえもんの目が怖かった。

「あ、いや、たださ、そういうことが、実際に起こりえるとしたら、どこでもドアによる転送は成功したとは、言えないんじゃないのかなぁ〜、と思って」

「どうしてだい?」

「だってさ。どこでもドアの方に残された のび太は、『ただ立っていて、体の構造を調べられただけ』なんだから、当然、彼の意識は、そのまま継続していたはずだよね。それなのに、肉体をスキャンされた次の瞬間に、遠くの場所で、自分と同じ構造の のび太がもう一人できたよと言われても、そんなの『自分そっくりの他人』ができたとしか思えないよね。

 だって、コピーされたソイツが、今、何を見て、何を感じているのか、まったくわからないんだし。逆に、コピーされた方は、どこでもドアに残ったのび太が、毒ガスにやられて、どんなに『痛く』ても、その『痛み』は、まったく伝わらないわけだしさ。まさに、他人と同じだよね。だから、どこでもドアに残った方ののび太からすれば、

 どこでもドアで、『自分』が転送されるなんてことが起こるわけがないんだ!
 体の構造を調べられただけなのに、突然、自分のイシキが別の体に、移るわけが無いじゃないか!騙された!

 と考えるだろうね。
 そして、遠くのどこでもドアから出てくるのび太なんか、やっぱり偽者だと結論付けて、
 『ボクこそが、ボクだけが、のび太だ』と
 呪詛の言葉を吐いて死んだんじゃないかと思うんだ。彼の立場からすれば、完全に、どこでもドアの転送は失敗だよね?」

「いやいや、それは違うよ、のび太くん。
 たとえ、
 





続きは書籍で

このお話しの続きと衝撃の結末は、下の書籍『哲学的な何か、あと科学とか』に載っています。


祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!
『てつがくフレンズ』第32話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』