プロタゴラスとゴルギアス B.C.450年頃

B.C.450年頃、哲学史において、相対主義が現れた。

さて。
当時、ギリシャの民主主義社会で、富と名声を得るには、
大勢の民衆の前で、雄弁に話せるようになる必要があったため、
名家や金持ちのボンボンは、みんな、有名な教師(ソフィスト=知恵のある者)
のもとへと駆け込んだ。

そんなわけで、ソフィストという職業は、とても儲かった。

なかでも、プロタゴラスというソフィストはすごかった。
1回の授業で、軍艦2隻が買えるほどの金額を貰っていたそうな。

そんなプロタゴラスは、
「人間は万物の尺度である」という言葉で有名である。

ようは、
「ある人が、水に触って『冷たい』と感じたとしても、
 別の人が触ると『暖かい』と感じることもある、
 だから、『水が冷たい』とか『水が暖かい』とかは、
 それぞれの人間が、自分の尺度(基準)で勝手に決めたものである」
という単純な話だ。

だから、
「結局、『暖かい』、『冷たい』とかは、
 それぞれの人間の基準によって違うのだから、
 つまるところ、
 絶対的な真実として、水が冷たい』とも、『水が暖かい』とも、
 決して言うことはできない」
という結論になる。

で。
これにしたがって、思考を展開すれば、
「善」や「悪」についても同様のことが言える。

ある地方(人)では、「善」である行動が、
別の地方(人)では、「悪」だったりする。

したがって、誰かが「善だ」 「悪だ」と言っても、
それは自分を基準にして勝手に大騒ぎしているだけであり、
つまるところ、
「あの水が冷たい」という言葉が絶対的な真実ではないのと同様に、
「あれは善いことだ」とも「あれは悪いことだ」とも
絶対的な真実として言えないのだ。

だから、
「人を殺すことは、絶対的に悪だ」なんてことも言えないのである。
だって、「何が悪か?」なんてのは、
「人それぞれの価値観」に由来するのだから。

結局、プロタゴラスは、
「客観的な真理などというものはなく、
 主観的・相対的真理だけがある」
と主張する。

もうひとり、有名なソフィストを紹介しよう。
ゴルギアスだ。

彼はこのように主張した。

A) ものの存在は、人間の意識(知覚)なしにはありえない。
B) ものの存在の知覚と、それについての人間の思考は一致しない。
C) 人間の知覚を言葉で正確に表すことは不可能だし、
   他人にそのまま伝えることも不可能である。

あー、なんてミモフタモナイ話なんでしょ。

だが、たしかに、ゴルギアスの言うとおり、
「」という知覚(クオリア)と、
「赤だ」という思考(言葉)は、同じものではない。
そして、誰かに「自分は赤を見ている」と言っても、
自分の見ている「」という色そのものを
他人に伝えることは絶対にできない。

また、ゴルギアスは、こんなことも述べている。

「この世界は、(ある意味では)モノが存在していないと言える。
 というのは、仮に、モノが存在していたとしても、
 ワレワレはモノそのものを決して知りえないし、
 また、仮に、それを知りえたとしても、それを他人に
 伝えることもできないからだ」

ようするに、ゴルギアスは、

人間は、この世界について、何も知りえない!何も語れない!
感覚も思考も言葉も、な〜んにもアテになりません!
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ!!

ってことを完膚なきまでに論証しようとしたのだ。

ともかく。
これらのソフィスト(職業教師)の影響により、

・絶対的な価値観や真理はなく、すべては相対的なものでしかない(相対主義)
・人間が、絶対的な真理を知ることなんて到底できない(不可知主義)

という「相対主義、不可知主義」
が、紀元前のギリシアに現れたのである。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入