多世界解釈の問題(2)

●多世界があることを、観測によって証明できない

多世界解釈の問題は他にもある。

質問)たくさんの世界が、重なり合って同時に存在しているっていうけど、どうやったら、もうひとつの別世界を認識できるの?

もっともな質問だ。
だが、これについて、多世界解釈は、「多世界を認識することは、どうやっても無理だ」とあっさり答える。

そうすると、
えぇ〜?じゃあ、多世界があるかどうかを絶対に証明できないってこと?
というミモフタモナイ話になるが、まったくそのとおりで、ようするに、多世界解釈は、
多世界があると言っておきながら、多世界なんか絶対見れないけどね〜
と言っているのだ。(笑)

人間が、多世界を認識することは原理的にできない

これが「多世界解釈の2つ目の問題」であるが、よくよく考えれば、当たり前の話である。


たとえばの話、シュレディンガーの猫の実験において、「生きている猫」と「死んでいる猫」が、多重に存在しているなら、それを見ている『人間』の方は、

・生きている猫を見ている人間
・死んでいる猫を見ている人間

という2つの状態で、重なり合って同時に存在していることになるわけだが、

複数の状態が、重なり合って同時に存在しているといっても、『今、現に世界を観測している私』は、「重なり合っている状態のうちのどれか」にしかなれないのだから、『私』が2つの多世界を同時にみることはできない。



もう一度、別の表現をすると、

「死んでいる猫をみている脳」 と 「生きている猫をみている脳」という2つの状態が、重なり合って同時に存在しているといっても、

死んでいる猫と生きている猫を同時にみている脳
が存在していているわけではないのだから、

つまるところ、『私』は、
「死んでいる猫をみている私」であるか、
「生きている猫をみている私」であるか
のどちらかであり、
『2つの世界を認識するような私』には絶対なれない、という話だ。

したがって、仮に、多世界解釈が正しかったとしても、
ワレワレが、実際に多世界を観測して、その正当性を確かめることは不可能
なのである。

祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!
『てつがくフレンズ』第83話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』