死後

人間の思考とは、
「脳の機械的な活動の結果に過ぎない」
と考えるのが妥当だ。

人間は、「自分で自由に思考している」と思い込んでいるかもしれないが、
それはただの勘違いだ。

それをはっきり示そう。
まず、脳障害者の事例でみられるように、
思考が脳の物理的な破損により乱される事から、
思考が物理的な活動である事がわかる。

また、麻薬やアルコール摂取者の事例でみられるように、
思考が薬品等の化学物質により乱されることから、
思考が生化学的な活動である事がわかる。

これらのことから はっきりしていることは、
脳の内部でしか思考がされないということであり、
脳の物理的構造の変化が思考に直結すると言うことだ。

つまり、
「脳の構造が許す範囲でしか思考が成立しない」
ことを意味する。

したがって、
「脳から離れた霊がいて、それが思考している」
という妄想は、完全に否定される。

つまるところ、霊 や ココロ が存在しようがしまいが、
死んで脳が壊れたら、アナタの思考は停止するのだから、
『死後も思考が継続できる』という見込みはまったくなく、

今、行なっている『アナタの思考』は、確実に消滅する。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入