輪廻転生(3)

チベット仏教のある一宗派(カルマ・カギュ派)は、
「輪廻転生による生まれ変わり制度」を作ったことで、大きく発展した。
「なるほど、こりゃあ、いいや」ってことで、
他の宗派もみんな真似をし始めたわけだが、
そのなかでもゲルク派という宗派は、もっとうまくやった。

強力な軍事力を誇るモンゴルの王族アルタン・ハーンに取り入ったのである。

「あなたの子孫が、モンゴルと中国を統一します。
 あのチンギス・ハンのモンゴル帝国が復興するのです!」
という予言をしたのだ。
(もちろん、ウソっぱちです。
 こんなふうに、宗教関係者は平気でウソがつけるのだ)

とにかく、取り入ることに成功したゲルク派のエセ予言者は、
権力者から「ダライ・ラマ3世」という称号を与えられる。

そうなんです、ダライ・ラマは、いきなり「3世」から始まります。
(「1世」「2世」は、すでにお亡くなりの故人に割り当てられています)

そして、次の転生者「4世」は、あまりに露骨で酷かった。
あろうことか、アルタン・ハーンの親戚から、ダライ・ラマを選出したのである。
「偉大なるダライ・ラマの転生者は、あなたさまの親族でございます!」
ってわけだ。

これには、さすがにゲルク派内部から「ちょっと、やりすぎじゃない?」と
批判が出たほどである。

しかし、まぁ、とにかく、この茶番劇により、
ゲルク派は、モンゴル軍の強力なサポートを得ることに成功する。
そして、「ダライ・ラマ5世」の時代になると、その軍事力によって、
対抗勢力をぶっつぶして、チベットの支配者となることに成功する。

1642年、ダライ・ラマ政権の誕生である。

そして、チベットの支配権を得たダライ・ラマ政権は、その威光を高めるために、
前世のスタートを観音菩薩に改め、さらに、チベットの歴史上で、偉大な人物は、
すべてダライ・ラマの前世として、前世の系譜にどんどん追加し始めた。

この威厳づけは、功を奏して、素朴なチベット人たちに、
「チベットは有史以前から、ダライ・ラマに庇護(支配)される国」
ということを植えつけることに成功している。
これで洗脳完了。素朴な民衆などチョロイものだ。
(そして、いまだに信じている人はたくさんいるし、
 そのようにダライ・ラマを紹介している本もたくさんある)

こうして、偉大なる「5世」が、確固たる政権の地盤を築いたわけだが、
こうなると、あとは、もう堕落と衰退の一途であった。

その次の「6世」は、性格に問題があり、酒と女にうつつを抜かす放蕩者であり、
最後は、資格なしとみなされ、失脚してしまい、
別の人がダライ・ラマとして急遽立てられる(笑) という騒ぎとなった。
結局、彼は、23歳という若さで謎の死を遂げる。(暗殺説が有力)

そして…、ダライ・ラマ9世の頃になると、
この「ダライ・ラマ制度」の欠陥が、はっきりとしてくる。

そもそも。
何も知らない子供をつれてきて、「おまえはダライ・ラマの生まれ変わりだ!」
なんてやるわけだから、もちろん、そんな小さい子供が、
すぐに政治をとりしきるわけじゃない。
その子をきちんと教育して、その子が育つまでの間、国をしきる人間が必要である。

それはたいてい、その生まれ変わりの子供を見つけてきた僧が、その役を担う。

つまりは、生まれ変わりを連れてきた僧は、大きな権力を握ることができるのだ。
だから、ダライ・ラマが死んだ瞬間に、
みんな、必死で生まれ変わりを探しに行く(笑)

そして、みんな、一斉に連れてくる

「「「ダライ・ラマの生まれ変わり、みつけてきました!!」」」×5人

おいおい!どれが本物だよ!(笑)
そこでしかたなく、作法(というかルール)を決めて、選抜試験をする。
ダライ・ラマが死ぬたびに、
「第○○回、チキチキ!ききダライラマ、生まれ変わり決定バトル!」
が開催されるのだ。

それは、クイズ形式(笑)で、
「ダライラマが、生前、使っていたものはどれでしょう〜」と
あてずっぽうにやっても、当たるような選択問題だ。
「わたしが生前、使っていたものは……この象牙の数珠……です!」
――ピンポン!ピンポン!
「よっしゃーー!!」
こうして最後まで残った子供が、生まれ変わりとして決定される。

そのうち、どんどん不正がはじまる。
試験問題の流出はまだいい方で、暗殺が、当たり前のように起こり始める。

実際に、9世〜12世までは、立て続けに、若いうちに死んでいる。
(このあまりに不自然な連続死は、毒殺だと考えるのが妥当だろう)

ちなみに、「13世」は長生きした。
彼は、非常に用心深い性格だという記録が残っており、
自分の信用できる側近が毒見した食事しかとらなかったのだ(笑)

以上のように、
歴史的にチベット仏教をながめると、西洋の貴族たちが権力闘争で行うような
ミットモナイ喜劇が、チベットの山奥でも、同様に起きていることがよくわかる。

末端の信者たちは、いまだに、ココロの底から、チベット仏教を信仰しているし、
日本人の僕らも、「チベット」と聞くと、なにやら神秘的で「本物の教えがあるところ」
という印象をうけるが、
なんのことはない、ただのフィクション、ありがちでミモフタモナイ現実があるだけだ。

(補足)
もちろん、このことを持って、
「輪廻転生なんてありえない」と主張できるわけではない。
輪廻の思想自体は、もっと古くから世界中にあるし、
チベット仏教がどうだろうと、本当に輪廻転生はあるかもしれない。

ただ、言えるのは、
世間に溢れている輪廻転生の事例なんて、あまり真に受けない方がいい
ということだ。(他の宗教的な伝説や逸話なども)

真理を究めるのに血道をあげてきた宗教国家でさえ、
神秘のベールを少しめくってみれば、こんな程度なのだ。
おそらく、彼らによって、輪廻転生を証明するような、エピソードなどはいくらでも
捏造されたことだろうし、
それらのエピソードは オカルト好きのジャーナリストや学者たちによって、
さも事実のように、報道・出版されただろう。
そして、多くの人々が、そのウソをまんまと信じ込んで、利用されてきた。

それは旗から見ると、喜劇以外のなにものでもない。

(補足2)
ただし、現在のダライ・ラマ14世のことは、好きだ。
この輪廻転生システムの問題点をきちんと認識しているからだ。
チベットの文化や伝統を否定しないように気を使いながらも、
できれば、こんな非健全なシステムは無くしたいと考えているフシがある。

次の「15世」がどうなるか、今から楽しみだ。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入