原理的に不可能

原理的に不可能です」という言葉があり、本サイトでもよく使っているが、この 「原理的に不可能」とは一体どういうことだろうか?
そもそも、本当に、「不可能」なのだろうか?
人類は進歩することによって、今まで「不可能」だったことを「可能」にしてきたじゃないか!

いやいや、そういうことではない。
「原理的に不可能」は、ただの「不可能」とはわけが違うのだ。

禅に、こんな物語がある。
夜中、いきなり師匠が飛び起きて、弟子達をたたき起こした。

師匠「こんな夢をみたんだ!誰かこの謎を解いてくれ!

それはこんな夢だった。

ツボに入っていたガチョウの卵が、そのまま孵化してしまった。このまま、放っておいたら、ヒナのガチョウは死んでしまう。しかし、そのヒナのガチョウは、ツボから出るには、大きすぎた。だから、ガチョウをツボから出すためには、ツボを割るしかないのだが、そのツボは非常に高価なもので、とても割るという決断はできなかった。

師匠「いったい、ワシはどうすればいいんじゃ!

そういって、錯乱した師匠は、弟子達を殴り始めた。

そこで弟子達は、一生懸命、頭を使って、何か方法は無いか、考え始めたのだが、どう考えても、うまい方法は見つからなかった。

しかし、師匠は「グズグズするな!」と決して弟子たちを許さず、「なんとかしろ!」と殴り続けたという……。

どんなに考えても、ガチョウを助けるためには、やっぱりツボを壊すしかない。
でも、ツボは壊したくない。
でも、ツボを壊さなければ、ガチョウは死んでしまう。
でも、ガチョウを助けてあげたい。
結局、どう頑張っても、同時に両方を救うことはできない。

原理的に不可能です」というのは、この状況によく似ている。

たとえば、ゲーデルの不完全性定理によって、数学は「不完全である」と証明されたが、それを覆すことは原理的に不可能だ。

まず、そもそも、「数学は不完全である」というのは、「数学の証明によって出てきた結論」である。ゲーデルは、数学理論のなかに『パラドックス(正しいとしても間違っているとしても矛盾が生じてしまう命題)』が、『必ず存在してしまう』ということを数学的な手続きで証明したのだ。

したがって、数学者は、
数学によって証明されたことは正しい(=数学は正しい)」
という前提を承知するならば、
数学は不完全である」という結論を承知しなくてはならない。

もし、それでも、偏屈な数学者がいて、
いいや、数学は、不完全なんかじゃありません!」「不完全性定理こそ間違っているんじゃないのか!」と不完全性定理を認めないとしたら、彼は、
数学の証明によって出てきた結論が間違っている
と述べることになってしまうわけで、そうすると、彼は、「数学は正しい」という前提が間違っているという結論を承知しなくてはならない。

――結局、どちらにしても、数学を救うことはできない。

つまりは、ある「正しい前提」にしたがって「不可能」という結論が出てるときに、無理やり「不可能」を可能にしてしまうと、「正しい前提」も一緒に壊れてしまう、という話だ。この意味で、数学を完全なものにすることは「原理的に不可能」である。

ようするに、「原理的に不可能」とは、理論に刺さった致命的なトゲである。やっかいなのは、そのトゲを壊してしまうと、理論の方も崩壊してしまうことだ。だって、そのトゲも理論の一部なのだから……。そのトゲは理論全体につながっているのだから……。

結局、そのトゲが、どんなに痛々しくても、ワレワレは何もできずに、見ていることしかできない……。

今、哲学や科学に元気がなく、「がんばって、いつか不可能を可能にします!」と少年のように目を輝かせていないのは、このような原理的な問題(トゲ)をどんどん見つけてしまい、気がついたらトゲだらけで動けなくなってしまったからだ。

「原理的に不可能」
ワレワレは、それをどうやっても可能にできない。


(補足)
ところで。禅の話には続きがある。

ガチョウは外に出ています!!

と言って、師匠を殴り返した弟子だけが許され、後継者として選ばれたそうだ。

ようするに、「ガチョウは外に出ています!!」
もしくは、
そんなもん夢だろぉが!バカなこと言ってんじゃねぇよ!
と、師匠をぶん殴って、前提そのものをぶち壊す勇気を持つものしか、原理的に不可能な物語を乗り越えられないという話だ。

「原理的に不可能」
それでも、どーしても、ひっくり返したいなら……、
――もはや「世界を革命する」しかない。そういうことだ。

祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!

卵の殻を破らなければ、雛鳥は生まれずに死んでゆく。
我らが雛鳥。 卵は世界。
卵の殻を破壊せよ、世界を革命するために。

生徒会長「少女革命ウテナ」

『てつがくフレンズ』第22話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』