多世界解釈

シュレディンガーの猫」の思考実験の問題について、1957年、当時、プリンストン大学の大学院生にすぎなかったヒュー・エヴァレットから、とてつもなく画期的なアイデアが提示される。

そのアイデアはとてもシンプルなものだった。

「電子も猫も、あらゆるミクロの物質は、可能性のまんまで、重なり合って多重に存在している、ってのが、量子力学の結論なんでしょ?でもさぁ、『猫を観測している人間』だって、同じミクロの物質で作られているんだよね?だったら、なんで、その量子力学の結論を『人間』にも適用してあげないのさ

それを聞いて、誰もが、はっとした。
それは、当時のどんな天才科学者たちも、みな見落としていたことだった。

よくよく考えたら、「猫を観測している人間」だって、電子や猫と同じ物質で出来ているんだから、「人間」にも量子力学を適用しなければ、公平ではないだろう。

なぜ、誰も気がつかなかったのだろうか!」と思うぐらい、あまりに妥当な発想である。


さてさて。
では、実際に「人間(観測者)」にも、量子力学を適用したら、結局どうなるだろうか?

人間も、猫と同じように、「複数の状態の重ね合わせ」として存在していることになる。

つまり、猫は、「生きている状態」と「死んでいる状態」が重なり合って、同時に存在しているのだから……、それをそのまま「人間」に適用してやれば、人間だって、「生きている猫を見ている状態」と「死んでいる猫を見ている状態」として、同時に存在していることになるのだ。

たとえば、「シュレディンガーの猫」の実験を実際にやって、ボクが「生きている猫を見た」とする。

そこで、ボクはこんな疑問を持つ。

「量子力学の数式のうえで、猫という『ミクロの物質のカタマリ』は、『生きている状態』と『死んでいる状態』の2つの状態が、同時に存在しているんだよね?で、猫という『ミクロの物質のカタマリ』に、重力が働こうが、電磁気力が働こうが、どんな『力の作用』が起きても、『どちらかの状態だけになること』はないんだよね?

でも、現実に、ボクは『生きている状態の猫』を見ているよ!じゃあ、いったい、『死んでいる状態の猫』はどこにいったのさ!?

これについて、エヴァレットの解釈を用いれば、こう答えることになる。

「いやいや、『生きている猫』も『死んでいる猫』も、そこにちゃんと存在しているんだ。
それどころか!
この実験の観察者である『キミ』も、『生きている猫を見ている状態』と『死んでいる猫を見ている状態』として、同時に重なって存在しているんだ。だって、『キミ』も、猫と同じ物質から作られているんだからね」

「ちょっと待ってくれよ!それは、つまり、『もうひとりのボク』がいるってことなのかい?そんなバカな話があるか!」

「でも、『右のスリットを通った原子』と『左のスリットを通った原子』が、同時に存在しているんだったら、なにもおかしい話じゃないだろ?同じように、『生きている猫をみているキミ』も、『死んでいる猫をみているキミ』も、同時に存在しているんだよ!」

「そんなことって……!
それじゃあ、それじゃあ、そんなのまるで……、
パラレルワールド(多世界)じゃないかぁ〜〜!!

というわけで、これを多世界解釈と呼ぶ。

ちょっと、こんなふうに考えてみて欲しい。

カチコチの粒子だと思われてきた「1個の原子」が、実は、そんなものではなく、「ここにあるかも、あっちにあるかも」という可能性が重なり合った「波のような存在」であるというコペンハーゲン解釈が正しいのなら、

人間も含めて、すべての物質(宇宙)も「あらゆる可能性が重なり合った波のような存在」と考えることができる。

つまり、宇宙とは、波のように漂う「巨大な可能性の塊」であるといえる。

そうすると、宇宙における、あらゆる可能性は、今ここに、重なり合って存在していることになる。

だから、可能性としては、
生きている猫を観測する私」も存在しているし、
死んでいる猫を観測する私」も存在しているし、
林原めぐみと結婚している私」だって存在しているといえるのだ。

まとめよう。

・「電子が多重に存在するなら、猫だって多重に存在するはずだ!」という「シュレディンガーの猫」の思考実験について、「だったら、それを見ている人間だって、多重に存在するはずだ!」と、誰もが見落としていたことに、ひとりの学生が見事に気付いた。

・「見ている人間が、多重に存在する」ということは、『私がいる世界』が多重に存在しているということであり、それはつまり、『多世界』が存在しているという結論になる。

そうか!そうだったのか!
 おれたちは……、
 とんでもない考え違いをしていたのかもしれない


ど、どうしたんだ!エヴァレット!

やはり予言は、ハズレていなかったんだ!














祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!
『てつがくフレンズ』第81話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』