性的興奮(2)

もし、この国の女性が、みんな「耳」を隠していたとしよう。

女の子たちは、「」というものを、本当に愛した男性にしか「見せない」という文化で教育を受けていて男たちは、そういう世界で、子供の頃から育ったとしたら……

間違いなく、オレらは「うぉ〜〜、あの子の耳みてええ!」と思うはずだ。
もし、何かの拍子に、チラッと女の子の「耳」が見えただけで、
うぉぉぉぉぉおっぉ
と心臓が破裂せんばかりに興奮することに間違いはない。

きっと、遠くの町まで、自転車で「耳写真集」を買出しに行くヤツも出てくるだろう。
「今日だけは、事故るわけにはいかないぞ」
とドキドキしながら家路をたどる。

すごい……なんか、とっても複雑な形だね、キミの耳
いや……あんまりみないで……

エッチなビデオでは、当然、耳にモザイクがかかる。その耳ビデオを親に見つけられて、凹むとか。耳を盗撮して、警察に捕まるとか。

まるでアホみたいな話だ。

だが、このアホみたいな話は、僕らの日常で起きていることとなんら違いはない。つまるところ、脳の条件付けにおける「対象物」が違うだけで、―その対象物が、おっぱいだろうと アニメキャラだろうと メガネだろうと― 起きていることの構造・仕組みはまったく同じ。

そして、多くの人たちは、そういう「脳の条件付けの違い」という原理を考慮しないで、互いに「アイツは異常、オレは正常」というパワーゲームをやっているだけにすぎない。こういうことを理解しないままに、自分や他人のことを「ノーマル」だの「アブノーマル」だのと評価している人は、単に知性が足りていないというだけで、まったくナンセンスな話なのだ。






ああ〜、それにしても
 ニクキュウさわりてえなぁ!!
」 (異常)

祝!書籍化!
本サイトが本に!

祝!2冊目!
書き下ろしが本に!

祝!3冊目!
バキの人が表紙に!

祝!4冊目!
またバキの人が!

祝!5冊目!
名作!14歳の哲学!

祝!6冊目!
哲学者が女の子に!

祝!7冊目!
ゆうきゆう先生
の人が表紙に!

「耳がでっかくなっちゃった!」
マギー審司

『てつがくフレンズ』第21話

⇒(続き) 『てつがくフレンズ』