ヘレニズム文化 B.C.300年頃

この世界は、いったいなんなのだろう?
どうやって自然は成り立っているのだろう?
この世界に、絶対的な価値観はあるのだろうか?

最初の哲学者と言われるタレス以降、
人類は、ずっと答えを探し続けてきた。

あれから300年……。

ソクラテス⇒プラトン⇒アリストテレス

といった偉大な三大哲学者を経て、
やっと人類は、
「物事を観察し、得られた知識を整理して体系化する」
という現代科学に通じる基礎を築くところまでたどり着いた。

さあ。その探求の旅の続きを話そう。

人類の探求は、その後、どうなっていったのだろう?

本来ならば、

アリストテレスの仕事に触発された後世の知識人たちが、
もっとより多くの知識を集めて、
どんどん学問の世界を発展させていく、

という展開が理想的なのだが……、
実際には、そうはならなかった。

なんと人類は、突然、急激に知識欲が冷めてしまい、
「科学的な知識」とか、「本当の善」とかそういうものに
あまり関心を示さないようになってしまったのである!

では、その時代の人々は、何に関心があったのだろうか?

それは、「幸せ」である。

「ああ、幸せになりたい!幸せになるにはどうすればいいの!?」

その時代の人々は、「知識」よりも何よりも、
とにかく「幸せ」を求めた。

「幸せになりたい!幸せになりたい!幸せになりたい!
 心の平安が欲しい。精神的な安定が欲しい。
 もういやだ、こんな世界、うああああああああああああああ!!」

つまり、逆に言えば……、人類は、それほど、
不安定で胸苦しい、混迷の時代を迎えたのである。

その時代の名は、「ヘレニズム」と呼ばれた。

●国境なき時代 - ヘレニズム時代

その時代に、いったい何が起きたというのだろうか?

簡単に言うと、アリストテレスの教え子の
アレキサンダー大王という20歳の若造が、
「世界征服は男のロマンだ、いやっほおぉっ!」と
何にも考えず、ただとにかく東に向かって、
延々と世界を征服し続けたのである。

その結果、ギリシアから、エジプト、インドまでという
とてつもなく広大な土地が、10年足らずで、
いきなりひとつの巨大国家となってしまった。

すると、何が起こったか?

ちょっと、こんな世界地図を想像してみて欲しい。

ヘレニズム文化

それぞれの国は、国境線できちんと仕切られており、
綺麗に色分けされている、そんな地図だ。

ここで、色の違いは、文化の違いと思って欲しい。

地図には、赤色の国もあれば、青色の国もあれば、黄色の国もある。
それらの国々は、みなそれぞれ、独自の色(文化、宗教)を持っており、
そこに住む人々は、何千年もの間、自分の色(文化、宗教)を
先祖代々、受け継いで幸せに暮らしてきた。

そこへ、いきなりアレキサンダー大王の軍団がやってきた!
そして、有無を言わさず、国々を征服しまくり、
いきなり、すべての国境線を取り払ってしまったのである。

ヘレニズム文化

普通ならば、少しずつ領土を拡大して、
占領国を、じょじょに自分の国として
取り込んでいくものを……、
アレキサンダー大王の場合は、矢の雨の中を歩いても、
矢が当たらないほど、ノリに乗っていたものだから、
とにかくもう、ありえないほどのスピードで、
次から次へと国を攻め落とし、
あっという間に巨大な大帝国を築いたのである。

その結果、それまでの国の国境線(仕切り)が、
何の準備もなく、とつぜん取り払われることになり、
それぞれの国で独自だった文化(色)は、
流れ出し、混ざり合い、溶け合い
そして……、

ヘレニズム文化

こんな感じに、ドロドロと、
あらゆる国の文化が「ごちゃまぜのごった煮」になったような、
なんだかもう、わけのわからない文化ができてしまった。

「仏像なんだけど、なぜか、顔だけはギリシャ人みたいな」

そんなよくわからない、古代の西洋と東洋が融合したヘンテコな文化。

これをヘレニズム文化という。

それまで、独自の文化、独自の宗教を、先祖代々守りながら、
真面目に生きてきたその時代の人々にとって、
そんな歪んだ文化の中で生きていくのは、
どれほど苦痛なものだったか想像できるだろうか?

現代の場合、テレビや新聞などの情報網が発達しているため、
僕たちは、異文化についての情報をある程度知っていて、
すでに慣れきってしまっている。
だから、いきなり異文化に触れても、それほど抵抗はない。

でもだ、まったく、そういう情報網がなく、自分自身が、
異文化について、何も知識がなかったと想像してみてほしい。

そして、いきなり、目の前に、
ブラジルのサンバの一団がやってきたらどう思うだろう?

「ええええ!?いったいなに!?
 なんなの、あの裸みたいな奇妙な格好は!
 それに、あの腰の動きはなに!?
 いったい、なんなんだぁ〜〜!!!」

と思うのではないだろうか。

もし、あなたが、戦前の日本のような、日本独自の文化を尊び、
慎みを美徳とする厳格な日本人だとしたらどうだろう?

きっと、サンバの一団なんて、
「破廉恥で恥知らずの頭のおかしい狂った集団」
にしか見えないだろう。

だが、子供たちは、好奇心旺盛だ。
自国の文化にも、それほど執着していない。
だから、すぐに、異文化になじみ、吸収し、溶け込んでいく。

もし、あなたが、戦前の日本のような、
日本独自の文化を尊ぶ、厳格な日本人だったとして……、
もしくは、江戸時代のような、
礼節を重んずる武士だったとして……、
自分の息子や、娘たちが、
その「破廉恥で恥知らずの頭のおかしい狂った集団」に混ざって、
同じように半裸で、踊り始めたとしたらどう思うだろう?

いやいや、それどころか、10年、20年経つうちに、
異文化はすっかり、自分たちの文化を侵食し、見渡せば、
アタリマエのように異文化があふれる世界になってしまい、
あんなに貞淑でおしとやかだった、妻までも、
「サンバのリズムを知ってるかい?
ほほほ〜い!ほほほ〜い!ほほほい!ほ〜い!」と
いまや、外人と一緒にサンバを踊ってる!ああ!この世はどうなってしまったんだ!?
 こんなの狂ってる!
 尊い日本の文化はどこにいったんだ!
 ああ、日本が、壊れいく!
 先祖代々、受け継いできた俺たちの文化が、
 壊れていく!」

でも、それは外国人の方からしても同じ話だった。
世界は、突然、統一されてしまったのだから、
外国の方にも日本の独自文化が流れ込む。
もし、あなたがアメリカ人のお父さんだとして、
自分の息子や娘が、日本の文化にかぶれて、
いきなり、頭を剃って「ちょんまげ」にしだしたらどうだろう?

きっと、ものすごい悲しい気持ちになるだろう。
やりきれない気持ちになるだろう。

結局のところ、アレキサンダー大王が、世界征服を実行したことにより、
人類が体験したこと、それは、
祖国の崩壊……、文化の崩壊……
であった。

そんな世界で、正気を保って生きていくことが、
どれだけ大変なことだっただろうか?

当時の人々は、紀元前というはるか古代の人間なのに、
世界のことをこう評した。

「世界は老いた……」

そんな「世界オワタ\(^o^)/」的な言葉を残している。

今の時代のように、自分の国にそれほど愛着もなく、
すでに壊れてしまった文化の中で生きている僕たちには、
想像もつかないことかもしれないが、
昔の人たちの感覚からすれば、
「祖国が崩壊し、独自の文化が崩壊する」というのは、
すなわち、アイデンティティの崩壊であり、自我の崩壊であり、
当時の人々は、いつ発狂してもおかしくないほど、
不安定な精神状態に追い込まれた。

そんな混迷の時代だったからこそ、
人類は「科学知識」よりも「カウンセラー」の方を欲した。

人類は「便利な知識」よりも、
心の不安を取り除いてくれる「安定剤」の方を求めたのだ。

そんな時代の背景をうけて、哲学者たちは考え始めるのだった。

「幸せとは何か?」
「この重苦しい不安定な世界のなかで、
 生きていくためにはどうすればいいのか?」

―――――――――――――――――――――――――――――

続きは書籍で!

本コラムの直接的な続きではありませんが、
「猿でもわかる哲学史」と同じノリでわかりやすく哲学史を解説した、
『史上最強の哲学入門』が書籍化されました。





Amazon楽天MIXIのレビュー 
足跡(コメント)はこちら


なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入