哲学以前、神話の時代 20万年前〜

今の人類と同種であるホモサピエンスは、約20万年前に発生した。
彼等は、高い知能をもち、道具と言葉を駆使し、外敵を屠り、
またたく間に世界中に広がっていった。

しかし、知能があるゆえの苦悩が起こる。

「気がついたら、ここに自分が存在していた。なぜか?
 腹が空くから食べ物を探して生き延びるが、最後には苦しみながら死んでいく。
 なぜこんな苦しい目に合うのか?
 この世界はいったい何なのか?死んだらどうなる?私はどこへ行く?」

そこで「神話」が生まれる。

「はじめに神が6日間で天地を創造した。土からアダムを、次に彼の肋骨からイブを作り、
 2人をエデンの楽園に住まわせる。ところが、イブは、悪魔にそそのかされ、
 禁断の知恵の実をアダムに食べさせる。こうして、アダムとイブは、楽園を追放され、
 その罪として人間は死すべき存在となり、女は産みの苦しみを、
 男は日々の労働を課されることになった」

ある宗教の世界創造の神話である。
内容は、タワゴトだから無視していい。

重要なのは、古代から人間は、「世界」と「生きる意味」について
なんらかの説明を欲しがったということだ。
説明があれば、―たとえ、それがどんなに根拠のない嘘でも―、人間は満足する。

きっと人類最初の嘘つきが、かわいそうな人々を慰めるため、
「世界とは何か?何故我々は苦しんでいるのか?死んだ後の行き先は?」
などを説明する物語を創作したのだろう。
それは、いつしか、民族における「神話」となり、一定の宗教的権威を持つようになり、
民族を結びつける強力な絆となった。

哲学以前、「世界」を説明する役割は「神話」が担っていた。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入