輪廻転生(1)

輪廻転生……。生まれ変わり……。前世……。
東洋系の宗教で、よく聞く与太話だが。

それって、本当にあるのだろうか?

そもそも、キリスト教の影響が強い西洋では、
「生まれて、死んで、審判を受けて、天国か地獄へ行く」という、
「ただ一回の生」しか認めていない。

まぁ、少なくとも、どっちかがウソを言っているわけだ。
(もちろん、どっちも、自分は真理を言っていると豪語しているわけだが)

じゃあ、輪廻転生は、ウソなのだろうか?
いやいや、そう結論するのは、まだ早い。
偉大な先人達の教えは、そう簡単に切り捨てられるものじゃない。

だって、「前世の記憶を持つ転生者」 が世界中にたくさんいて、
「輪廻転生した」と証言しているではないか!
なにより、輪廻転生のたしかな証拠として、
チベット仏教の「ダライ・ラマ」がいる!

チベット……、なんて神秘的な響きだろう。
インドもそうだが、僕たちは、チベットという場所に対して、
ものすごく神秘的なイメージを持っている。

「チベット(もしくはインド)の奥地には、
 ストイックに真理を探究している人たちがいて、
 そこには、本当の宗教と教えがある」

そんな憧れにも似たイメージを僕らは持っている。
(精神世界や東洋哲学にハマッているココロの弱い連中ほど、
 その傾向は強い)

その、チベット仏教が「輪廻転生」があるって言っているんだよ?
他の戦争ばっかりやっている宗教や、うさんくさい新興宗教なんかが、
言っているんじゃない。

チベット仏教の悟りを開いた高僧たち……
そして、その最高峰が言っているんだよ!?
「ワタシ 輪廻転生 シマシタ〜。シンジナサイ」って。

もし、チベット仏教までも、
どこぞの新興宗教と同じように、信者を騙すために、
ウソばっかり並べていたとしたら……、
もう、宗教なんて信じられませんよ、ホント。

じゃあ、そのチベット仏教の歴史を追ってみましょう。

そもそも、

「民衆を救済するために、何度も生まれ変わって、世界を導いてくれる」

というダライ・ラマ制度は、
1578年、モンゴルの王族アルタン・ハンから
「ダライ・ラマ(大海上人の意)」
という称号を与えられるところから始まります。

って、おい!1578年!?

歴史的に言えば、つい最近じゃねえか?
昔から、あったわけじゃないのかよ!!
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入