ホームへ

<株日記>

2004年8月3日
・はじめての上方修正
実は、ここ数日……かなり落ち込んでいました。

株を初めてから、

買えば下がる
ナンピンしても下がる
損切ったら上がる

その繰り返しで、何をやっても負け続け……。
たまに勝っても、薄利で終了

デイトレもコツコツ負け続けて、トータルでマイナス10万の損。
現在までの確定損益は、マイナス23万
完全に敗北者。負け組みです。

でも……でも……、
こんなボクでも、優しく微笑んでくれる銘柄がありました。

それが、「生化学工業」。(プラス36万利益

大人しくて目立たないけど、ファンダメンタル的にも申し分ない、
とっても素敵な銘柄です。

その彼女を信じて、子株還流後に再度買い戻しをしたのですが、
なぜか、10%も下がってしまったので、慌ててナンピン買いを決行!!

ナンピンをしたその日に、「新薬の開発中止」の悪材料が発表され、
鬱に入った飲茶は、しばらく会社に出社できないほどダメージを受け、
寝込みながら、ザラ場をみていたのですが、
今日まで生化学は、悪材料にもめげず、ナンピンした株価をほぼ底値として、
堅持してくれています!!
ありがとう!!(T_T)

そして、そして、そして!

本日、ついに彼女が、
9月中間連結決算見通し=当期利益19億円、上方修正
を発表しましたーー!上方修正キターーーー!!

(T▽T)

ああ、ボクは、キミを信じていたよ!

明日、上がるよね、絶対、上がるよね!(^▽^)

(後日談)
次の日、生化学の株価は下がりました。


2004年8月5日
・復活

みなさん、元気ですかぁ〜〜!!

ボクは、ついに、復活しました!

  ……体調が。

いえ、損益の方は、復活していませんよ、、、もちろん、、、

ええ、そうですとも、、、こんな地合いで、、、
全力買いすれば当たり前デスよ、、、

でも、体調はばっちり、元気いっぱいです!!(^▽^)

ココロの師、猪木師匠も言ってます!

 元気があれば、何でも買える!
 危ぶむなかれ、危ぶめば勝ちはなし!
 迷わず買えよ!買えばわかるさ!
 買うぞぉ〜〜〜!!1・2・3・

……ってダメじゃん!(T▽T)

すみません、これからは、
もっと慎重に株を買います。(涙)

本当に反省しています。
もう2度と全力買いは致しません。

そろそろ、飲茶銘柄2について、
結果を発表したいと思います。

ボクは、なぜ、あんな銘柄を迷わず買ったんだろ…。(T▽T)



2004年8月9日
飲茶銘柄2 回想(1)

ボクは、生化学工業を340万全力一点買いすることで、
36万の利益を得た……。

それは、生まれてはじめての大勝ちであった。

ふぅ〜、
 全力買いした後に、日経が暴落したけど、今回はなんとか助かったよ〜。
 でも、こんなふうに、うまく行くことなんか、そうそうないんだから、
 次の銘柄は、きちんと余力を残して、投資するぞー!(^▽^)


今回、全力で一点買いなどというハイリスクなことをして、
勝てたのは、半分以上はラッキーだったにすぎない。
だから、次の銘柄は、慎重に、余力を残して買うべきだと考えていた。

そう。
このときまでは、ボクは、まともな神経を保っていたのだった…。

ちょうど、そのころ、日経平均が伸び悩み、
優良銘柄もどんどん下げ続けるような暴落日が続いていた。

当然、次の銘柄選びも難航……そうこうしているうちに、

突如、ボロ株ブームが巻き起こる…。

丸石HD、大盛工業、東北エンター、ヤマシナ

それまで、低い株価のまま変動のなかったボロ株たちが、
次から次へと上がり始めた!

しかも、ボロ株だけに、一度上がれば、プラス20%、50%なんて当たり前。
大盛工業なんて、一時、株価が3倍近くまで跳ね上がったのだ。

う…うぅ…。
 もし、これらの株に、100万でも注ぎ込んでいたら……ごくっ。

 ていうか、100万くらいなら、ボロ株に注ぎ込んでも大丈夫だよね……。


340万という大金を1銘柄に注ぎ込んでしまった飲茶の金銭感覚は、
株を始めた頃の、「はわわ、54万も株に注ぎ込んじゃったよ、大丈夫かな?」と
おっかなびっくり買っていたときと比べて、
確実におかしくなってきていた。

そして、ついに、飲茶の思考の歯車が狂い始める。

う〜ん、きっと、まとな株がダメな地合いだから、
 資金がボロ株に流れているんだね!
 ということは、まだまだ来るぞ!ボロ株の波が!

 ……そ、そうだ。
 ボクは何も、10万20万儲けるために、
 株をやっているんじゃないんだ!
 
 この飲茶には、夢がある!

 その夢の実現のため、
 人生を変えるような大金をつかむため、
 株をやっているんじゃなかったのか!(ボロボロ)

 まだ、上がっていないボロ株はどれだ!どれだ!

 出遅れボロ株を探すんだ!

 まだ、上がっていない、上がっていない、ボロ株を!

 あ、あった!!

 え?……い、いや、でも、こいつは……


それは、ボクが、日記を始めた初期の頃から、
ボロ株の代表格として、何度も名前が出てきた銘柄……。
そして、何度も痛い目をみてきた銘柄……。




イチヤ


まさか、またここで、この名前が出てくるなんて……。

いや、これは天が、ボクに与えた伏線だったんだ。
 次、イチヤを買えば、3回目の投資だ。

 三度目の正直……!
 
 スーパーイチヤ人3……!
 
 この符号の一致をどうみる!?

 これは紛れもなく、天が勝てと言っている!


そして、突如、イチヤが急上昇!

うぉぉぉぉおお、キタ――!イチヤ――!(@▽@)

飲茶、飛び乗る!

38円×20,000株:76万円 買い約定

(つづく)


2004年8月10日
飲茶銘柄2 回想(2)

飲茶、イチヤを飛び乗り買い!
38円×20,000株:76万円 買い約定


イチヤ、急上昇に
うぉぉぉぉおお、キタ―――!」と大興奮して、
38円で買ったわけですが、

もちろん!!

38円が天井でした―――!!(涙)

38円で買ったとたんに、
いきなり、『買い』の圧力は弱まり、場は『売り』に転じる。

そして、株価は、37円へ!

だが、このとき、飲茶は、まだ冷静だった。

大丈夫、大丈夫。
 今度は、全力買いなんて、馬鹿なことはしていないし、
 余力はたっぷりある。まだまだ、余裕だよ〜〜。(^▽^)


その余裕が、飲茶の思考を見当違いの方向へ連れて行く。

あれ、まてよ?
 37円で、イチヤをもっと買い増せば、
 つまり、ナンピンすれば、
 1株あたりの買い単価って下がるんだよね?

 で、ナンピンしたあとに、上がれば、利益は前より増えるわけだし〜、
 仮に下がっても、もう一度ナンピンすれば〜、
 さらに単価が下げられるわけだから〜、
 上がったときに、さらに『おいしい』ってことになるよね!

 あ、なるほどー、これが、
 『明日、上がっても下がっても、
 どちらでも良いのですが…

 ってやつなのか!!

 よし!ナンピン決行だ〜〜!


今思えば……なぜ、このときに気がつかなかったのだろう。
1円下がったくらいで、すぐナンピンするなんて……。

よ〜し、37円ナンピン!!(^▽^)
 さぁ、上がれー!上がれー!


しかし、下がる…イチヤは下げ続ける…。

イチヤ、36円!

え?え?うそ、まだ下がるの?
 い、いや、大丈夫、まだ資金あるよ!
 36円ナンピン!
 さぁ、こ、今度こそ、上がるよね。(^▽^;


しかし、下がる!イチヤは下げ続ける!

イチヤ、35円!

はわわわあわわわわわわ!!!
 ナンピ!ピンナン!ピナンピン!ナンピン!
(@△@)
」(狼狽ナンピン)

ふと、われに返ると………
売買ツールが絶望的なメッセージを吐き出していた。


購買余力が足りません


………35円のイチヤを1000株すら買えない状態。

つまり………

全財産、イチヤ一点、全力買い!

合計投資金額:360万円

ちょっと、ナンピンして単価を下げるつもりが、

気が付けば泥沼!


「いちや100%」!!




↑38円から1円ごとにナンピンし続け、
全財産をイチヤに注ぎ込んでしまったユカイな履歴



ククク……!
 結局のところ、ちょっとナンピンって
 のが大甘なのよ…!

 そのナンピンが、底辺のさらに底辺……
 底の底へ、転がり落ちる最初の一歩…入り口…!



はわわわわわわわ(@△@)



(つづく)

2004年8月11日
飲茶銘柄2 回想(3)

イチヤ、狼狽ナンピン!

36.4円 × 99000株 = 360万円(全力)


よし、単価を36.4円まで下げることができたぞ!
 これで、イチヤが爆上げしたら、一気に大儲けだ!(^▽^)


という希望と、

やばい、やばい!イチヤに、全力なんてありえないよ!
 もし、このまま、ずるずると下げ続けたら……。
 それに、イチヤが何か不祥事起こしたり、
 社長が失踪したりしたら……はわわ。(T△T)


という不安が、入り乱れる日々のなか……、

7月20日、イチヤは、ついに株価を戻し始める!

36円→37円→38円

キタ―――(@▽@)―――!

飲茶、大喜び!!

だが、こうなると、次は「売り時」が問題になる。

ここで、少し利確して、ポジ減らすか?

いやいや、待て!待つんだ!
 厚く張って勝たないと、大金を得るなんて無理なんだ!
 インボイスのときのことを思い出せ!
 耐えろ!耐えるんだ!もうすこし待てば、必ず風は吹く!


しかし、その「想い」とは裏腹に株価は下げ始める。

38円→37円

ぐっぐぐぐっぐ!や、やばい。
 あと1円下がったら、買い単価より安くなってしまう!
 あと1円下がったら、『利益』が『損失』になる!!
 うわわわ!!やっぱり、利確しておけば良かった!


7月22日、イチヤ再度38円へ……。

売ろう!そうだよ!
 一旦、売って利益だせば、資金も戻るし、
 もし、下がっても、買い戻せば、
 さらに単価が安くなって、リスクが減るじゃないか!
 売り!売りだ!38円売り!


飲茶、38円で利益確定売り、半分ポジを減らす。

一見すると賢明に思える この『利益確定売り』が、
まさか、破滅への引き金になるとは、夢にも思いませんでした。

(つづく)


2004年8月12日
飲茶銘柄2 完結編

イチヤ、38円で利益確定売り!大きくポジを減らす!

(一度に売れたわけじゃないので、一部のみ表示)

1.6円抜きではあるが、それなりの利益……。

実を言うと、ここで飲茶は、
生まれて初めて、確定損益がプラスになる
というのを経験している。

ああ・・・。
ボクは株をやって、損していません!(^▽^)
という状態が、どれほど幸福に感じられたことだろうか。

だが、その笑顔はすぐに凍りつく。

38円で売ったイチヤは、引け付近でいきなり爆上げ!

一気に40円まで上昇!

うわわ!!売ったら、爆上げかよ!なんだよ、もー!

実のところ、利確で、大きな利益を得ている。
しかも、まだポジも半分残りしているから、
含み益もたっぷりだ。

でも・・・でも・・・でも・・・、

もしかしたら、わかってもらえないかもしれないけど…
すごい・・・すごい悔しかった・・・。
利益を出しているはずなのに、
損をしているようなこの惨めな感覚はなんだろう。
売らなければ、売らなければ…(ボロボロ)

さらに……次の日……

株価は42円。
窓を開けてのスタート!
しかも株価は、さらに急騰!
46円まで爆上げ!

ぐにゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

飲茶「ああ!売らなければ、売らなければ!(ボロボロ)

この衝撃が、飲茶の理性を焼き尽くす!

うぉぉぉぉおお!!買戻し!買戻しだ!
 まだまだ、イチヤは上がるよ!爆上げするよ!


イチヤ43円、買戻し!!


ありえない暴挙!!

しかし、次の日もイチヤは、朝から上昇!
株価は45円をつける!

やった!やった!
 やっぱり、43円の買いは正しかったんだ!
 まだだ!まだ売っちゃダメだ!

 もう、売った後に爆上げするなんて!
 絶対に嫌だぁ〜!!(T△T)



そして…そして…そして…、

あぅぐっぐぐぐぐ…すみません……(ボロボロ)

これ以上は……、ボクの口からは言えそうもありまえん。(ボロボロ)

何が起きたかは、チャートをみて、推測してみてください。







その後、単価の上がったイチヤを
売ったり買ったり、売ったり買ったりして、少しづつ売却……。

その結果、確定損益は、こうなりました。



飲茶銘柄2終了!

終わってみれば、大損というわけではないのですが……。

でも…でも…でも…、

360万円を36円で仕込めて、あそこまで上がったのだから、

うまくすれば、プラス60万
順当にいけば、プラス40万
どんなにヘタクソでも、プラス20万

は儲けられたはずなのに、

飲茶だと、マイナス13万

とっても、惨めで大損した気分です!!(涙)
一体何がいけなかったんだぁ!!(ボロボロ)

―――――――
あ、でも、その後、マネックスのデイトレで1万円儲けたので、

確定損益は、マイナス35万となりました。



なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入


続き

ホームへ