ホームへ

<株日記>

2004年6月7日
・はじめてのストップ高&決戦前夜

インボイス!インボイス!インボイス!インボイス!
インボイス!インボイス!インボォ、ゲホッ、ゲホォ!
インボイス!インボイス!インボイス!インボイス!

インボイス (9448) 東証
現在値 162,000
前日比 +20,000 (+14.08%)
前々日比 +15,000 (+11.81%)


初のストップ高です!(T_T)


このままいけば、三菱自動車の負け分は、少しは取り戻せそうですね。

さぁ!とっても良い気分のまま、明日へ!

明日は、ついに丸石HDの上場です!

うぇ〜、吐きそう……


さて、明日は、いったいどうしましょう??(T_T)

結局、考えたあげく、何も決められませんでした。
このままでは、明日の朝、ノープランで挑むことになりそうです。

ああ、本当にどうしよう……、
もう、何をどう決断しても、裏目を引きそうで……、

案外、明日の朝一で売らなかったら、
5円、4円、3円へと、そのままドンドン値崩れして、
二度と株価が戻らないかもしれない……。

迷ったときは、売れ。

という格言もあるみたいだし、

目を瞑って、何も考えずに売るべきなのか……?



いや、違う!違うんだ!
それではなにも成長がない。
それじゃあダメなんだ!

ヘタクソでも、幼稚でもいい。
どんな馬鹿げた理屈でもいいから、
自分で考えたを持って、事に当たるべきなのだろう。

たとえ、その理が見当違いで、大きな損害を受けても、
「その理は見当違いだったなぁ」という経験が手に入るのだ。
何も考えずに、漫然と売り買いする場合とでは、
そこに大きな違いが生じる。

そう。
勝つにしろ、負けるにしろ、(そんなことは誰にもわからないのだから)
ひとつひとつの売り買いから、
自分自身の「理」の洗練し、向上させていくことが、一番重要なんだと思う。

だから、考えるんだ、考えるんだ・・・・・・明日は、明日はどうなる・・・

おそらく、おそらく・・・、

明日は、
いつ上場廃止になるかわからんから、さっさと売ってしまおう
という投売りのグループと、
とりあえず、二束三文なら、買ってもいいよ〜
というギャンブル狙いの安もの買いのグループが大量発生し、
株価は下落していくだろうと予想する。

ここで、みんなと一緒になって売りたいと
思う気持ちにブレーキをかけて、じっと見守ろうと思う。

そして、そしてだ。

おそらく、おそらくだが……。

信じられないくらい丸石株を膨大に購入してしまったグループ」も、
きっと存在するはずだ。

もともと、今回の元丸石社長の不正行為(架空増資、限度を越えた不正融資)は、
すべて、そのスジの人間たちに、
丸石HD化をきっかけに株価を釣り上げて、うまく売らせて儲けを出させる
ことが目的だったはずだ。

だったら、そういう情報をかぎつけて、
大量に丸石株を抱えこんでしまったそのスジの人たち」が、
他にもいくつかいるはずだ。

彼らは大量に株を持っているがゆえに、一遍に投売りなんてできないし、
そんなことしたら、致命的な値崩れをひき起こし、逆に大損害を起こしてしまう。

とすれば……、
そういう丸石株を大量に抱え込んだグループたちは、
この上場までの期間に、お互いに連絡を取り合って、
株価の維持を密約したかもしれない。
(彼らには冷静に作戦を練る十分な時間があった)

おそらく、彼らは、売りが落ち着いたころ、
逆に買いに走り、株価を吊り上げるはずだ。

そうして、一攫千金を夢見て、買いに走る人たちが殺到したころに、
少しづつ売り抜けていけばいい。

そうすれば、そのスジのグループ全体として、
みんなで一斉に売るよりは、ずいぶんマシな損害に押さえることが
できるだろう。

もちろん、監視の目も厳しいから、
あくまでも、手仕舞い(損害を少しでも減らして終わらすこと)が目的で、
あからさまな、株価操作はしてこないだろうから、
おそらく、じょじょに上げたり下げたりして、売り抜けるはずだ。

とすれば、そのスジのグループは、
すべての株を消費して、損害をかぎりなくゼロに近づけるまでは、
お互いに手を組み、丸石株は、変動を繰り返すと予想できる。

きっとその波は、何回かにわけてくる。

だから、まず明日は見だ。

だから……だから……、
もし、明日………、
とんでもない安値まで落ちたとしても、
ボクは…、ボクだけは…、
もう一度、丸石が上がると信じよう。。。(ボロボロ)

こんな子供じみた予想、
きっと後になって、笑い話にされるかもしれない。
顔から火が出るくらいイタイ日記になるかもしれない。

それでも……それでもいい。
ボクは、この理に賭ける!賭けるんだ!(ボロボロ)


2004年6月8日

丸石HD上場!

朝、板に張り付く。

始値11円。

まずまずの値段だ。

もう少し上がるだけで、
予想していたよりも、かなり損失を減らすことができる。

飲茶「これは、行けるか!

そんな希望を持ったスタートだった。

だが、現実はあまくなかった。

ジリジリと株価は、9円まで下がり始める。

ざわざわ……。

飲茶「ぐっぐぐ、慌てるな…。
   これは予想していた展開…。
   耐えるんだ……。
   もう少し、待てば、売りが落ち着くはず。
   そうすれば、風が…、風がかならず吹く!


だが、ボクはとんでもない考え違いを
していたことに気がつく。

売りも買いも、落ち着くどころではなかった。

とんでもない売りの数と、とんでもない買いの数。

おそらくは……、多くの人が、
9円で買って、10円で即売りしてリターンを得る
ということでもやっているのだろうか?

とにかく、売買の数は、とどまる事をしらなかった。

まれに1億円単位の巨大な売買が起きていたが、
それでも、株価を変動させるには至らなかった。

む、無理だ…。
 こんなんじゃ、買いで釣り上げるなんて、到底むり…。
 今、買い占めるなんて、、、
 1円2円で利益を上げようとする人たちのエジキ。

 それに……それに……、

 丸石HDは監理ポストなんだ!
 明日にだって、紙くずになるかもしれない!



ぐっぐぐぐぐ!(ボロボロ)

予定していたが破れ、頭は真っ白、パニック状態

そうしている間にも、積みあがっていく売りの壁。

買われれば買われるほどに、高くなる売りの壁。

そして、ジリジリと、売りの壁が迫ってくる。


振り返れば……、


明日にも上場が取り消されるかもしれないというリスクの壁。



このままじゃあ、このままじゃあ!……圧死!




………………ひぃ!(ボロボロボロボロ)





……ウリ




東証「は?
   飲茶くんの基本戦略は、
   ホールドだったんじゃないのか?
   もう降参か・・・・・・?
   あ〜〜〜〜ん・・・・・・・・?





飲茶「………売り





丸石HD、30000株、9円損切り → 確定損益:−27万円

合計損益:−43万円




2004年6月9日
昨日、9円で売った丸石株
これ以上、絶対にあがるはずがない、と思って売った丸石株。

今日は、15円まで上昇……。

ぐにゃ〜〜〜〜〜。

「こんなことが…
 こんな逆転が…
 起こりうる…
 起こりうるなんて…

 こんな地の果ての穴蔵みたいな相場でも
 こんな逆転が…!

 諦めなければ……

 諦めなければ…!(ボロボロ)」


なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入


続き

ホームへ