レイン開発日誌5

会話型人工知能には、「体」が必要……ってことか。
そこで、ちょっと、最近のロボット産業の記事を調べてみた。

まずは……。
ビジネスデザイン研究所の
感情持つ家庭向けロボット「イフボット」

なになに、このロボットには……、な、なんと、

「相手の言葉の流れから『感情を判断』する技術」、
「コンピューター自身が、時々の『気分を作り出す』技術」

が使われているらしい。しかも……、

「不適切なことを言わないようにガードする技術
 (モラルハザードエンジン)」

を持っているらしい。
これは、すごいぞ。きっと、モラルハザードエンジンには、
あらゆる放送禁止用語、差別用語がつまっているのだろう。
(このエンジンが壊れて、逆向きに働いたら、すごいことに)

へぇ〜、やっぱり、世の中、進んでいるんだなあと思いつつ、
そのロボットの写真を見てみた。







……………………………………。

こんなロボット、売れるんですか???
こんなヤツが、感情をもっていたら、怖くないっすか?

もしかして、今のロボットは、みんなこんな感じなのだろうか??

そこでもっと調べてみる。

富士通のロボット「マロンワン」





…………………………………………………………………………。

いや、携帯電話と比較する前にさ、
なにか、根本的に間違っていることに気がつかないのか?

もっと、他にデザインはなかったのだろうか?
もしかして、ロボット産業には、デザインセンスがないのだろうか?

三菱重工はどうだろう?
いや、さすがに、天下の三菱重工ならば!!
ここならば!!

もはや家族のヒト型ロボット「ワカマル」




………ヒト?

このセンスは一体なんだろう?
「ロボット=がんばれロボコン」という世代が作ったのだろうか?
(なんか、哀愁が ただっているようにもみえる)

いやいやいや!
もっと、ロボットって「かっこいい」ものじゃないか??


と思っていたら、ありました。

産総研の「HRP−2」です。





キターーーーーーー!!
そうだよ!!これがロボットだよ!(偏見)






ちなみに、デザインは、「パトレイバー」でおなじみの出渕裕氏だそうです。
アニメのロボットが、現実になる日も近いかも。
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入