レイン開発日誌13

前回は、
数字を取り扱うプログラムとは、結局、
4種類の文の組合せにすぎないということをみた。

で、環境系から与えられた情報をもとに、知性的な判断をし、
なんらかの決断(数字)を出力するプログラムというのも、
つまるところ、4種類の文の組合せである。

ところで、
知能系のプログラムを、一行一行書いていくのは、大変だ。
できれば、学習型にしたいところだ。

学習型というのは、簡単にいうと、
「最初はアホだが、何度も動いているうちに、賢くなっていく」
ということである。

で、知能系プログラムとは、4種類の文の組合せにすぎないのだから、
学習型の知能系プログラムとは、つまるところ、
「動かしているうちに、自分自身で4種類の文を組み替えて
 勝手に賢いものに変わっていくプログラム」
であるといえる。

というわけで学習型プログラムの設計をしてみよう!
なんと、このサイトが本になりました!
本だと、もっと読みやすいですよ〜(編集者のチェックが入っているので)

4576061844 「哲学的な何か、あと科学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天

好評につき、2冊目がでました!(書き下ろし)

4576061844 「哲学的な何か、あと数学とか」
飲茶

送料無料で注文できます
Amazon 楽天  MIXIのレビュー


当サイトの管理人は、会社を辞めて、起業しました。不安定な生活に突入です(T_T)
当サイトを気に入った方は、申し訳ないですが、
以下のサイトで、ご協力していただけると助かります……生活が。

飲茶のネットで収入



其処に<知能>はあるのかしら?